日常の感じた事など自由気ままに書いてみたいと思います。


by majyorin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お疲れ様でした。

12月22日午前2時17分
義母は旅立ちました。
最期まで頑張り屋さんの義母でした。
今日はお通夜、明日が告別式です。
クリスマスは葬儀場で、ベルの代わりに木魚の音を聴いて過ごします。
これから毎年、クリスマスが近づくと、今日の出来事が語られるのでしょうね。
詳細は後日、ゆっくりと。
さあ、義母の最後の晴れ舞台‼
頑張って参ります。
[PR]
by majyorin1 | 2013-12-24 10:13 | 日々の事 | Comments(0)
初めてiPoneで投稿です。
ひじょうに不便(~_~;)
午前中に、どれみの抜糸をして来ました。
病理の結果も悪性では無かったので安心しました。
夜、パソコンが生きていたら更新します。

c0048940_22365836.jpg
c0048940_22371422.jpg

どれみの病理検査の結果は良性の腫瘍でした。
なので、転移の心配は無かったのだけど、どれみの痛みを取り除くには、やはり摘出をして正解だったようです。
c0048940_2239481.jpg

今日、病院に来ていたパピヨン♪
18歳の男の子です。
少々耳が遠くなってるらしいけれど、若く見えますよね。
本日、ワクチン接種の予定で血液検査をした所、腎臓が少し弱っているそうで、ワクチン見送りになりました。

c0048940_22422423.jpg

元々、目の周りが黒い毛で、目がわからなかったし(汗)
目を失ったように見えないでしょ?
すでに、傷口には黒い毛が生えています。
c0048940_22441027.jpg

今年の“初アイスバー”です。

さてさて・・・
今日から義母はモルヒネを使っています。
せん妄で毎日病室に響き渡る声で家族やお友達の名前を連呼しております。
ちょっと厳しい状態です。
夕方病院から連絡があり義母の所に行って来ました。
とりあえず今日のところは容態が落ち着いたので、家に戻りましたが、明日からは家族が交代で病院に泊まりこみます。
ますますブログの更新が滞ってしまいますね。
[PR]
by majyorin1 | 2013-12-18 12:57 | ワンコ | Comments(4)
とても辛いご報告をしなければなりません。
私の大切などれみが眼球を摘出しました。
c0048940_22312575.jpg

3日の朝、この日はバイトがお休みでした。
どれみの目が充血していて、丁度いつも飲んでいる肝臓の薬も切れたので、ついでに目薬を頂こうと。
義母の朝食の介助の後、軽い気持ちでいつものクリニックに行きました。
「何か目の中にボコボコしたものがありますね」
えーーー??
院長先生が出てきて「お母さん、うちの方ですぐに予約をとりますから、これから大学病院で検査を受けて下さい」と・・・
こんな日に限って夫は泊まり勤務です。
どれみを車に乗せて大学病院まで1時間。
大学病院に着いたらお昼を過ぎていました。
c0048940_22395510.jpg

わかりますか?
充血した白目の中に黒い腫瘍。
メラノーマです。
この腫瘍、猫の場合は65パーセントが悪性で、犬は悪性の可能性が5パーセントだそうです。
もし、悪性だった場合を想定して肺のレントゲンを撮ったのですが、肺への転移はありませんでした。
内科的治療として、痛み止めの薬を飲み続ける・・・
この場合、痛み止めが効かなくなってくるし、本人は常に鈍痛を感じているそうです。
どれみの右目は検査した所、完全に光を感じることも無く、見えていたい状態でした。
とにもかくにも、非常に痛い。
それならば、眼球を摘出して痛みを取り除いてあげた方が良いと診断されました。
すぐにでも手術できるように、血液検査だとかも終わり、私と夫の気持ちしだいです。
もう、私は眼球を摘出するという事にショックですぐには決められませんでした。
全ての検査を終えてクリニックに戻ったら夕方の4時でした。
クリニックで院長先生を見たらもう、涙涙・・・
「どうしても、ここで手術をしたいと言うのであれば、これから診察が終わった後でもしてあげるけれど、目だからね、設備の整った経験豊富な病院が良いと思うの。術後のケアは、いくらでもウチでしてあげるから。大学病院に、どれみちゃんのデーターも送ったし、どれみちゃんのお父さんと相談して1日でも早く大学病院で手術した方がいいと思うよ」って・・・
家に戻り、夫に電話をして経緯を説明して「すぐに手術をしてあげよう」と夫。
その日のうちにクリニックの院長先生に連絡をして、次の日どれみを大学病院に連れて行きました。
5日の木曜日に手術が終わり、6日は私がバイト休みだったので、朝イチでお迎えに・・・
c0048940_233956.jpg

あ~ぁ。
どっちゃん、本当に目が一つになっちゃったんだね。。。
「どれみちゃんはワンワンしないし、噛む事もなく、食事もきちんと摂って、全く手のかからない良い子でした」と先生に言われたけれど・・・
どれみって、よそに預けられると良い子になりすぎて、疲れて帰って来るんだよねぇ。。。
c0048940_237961.jpg

家に戻って3時間イビキかいて寝てました。
次の日も爆睡です。
c0048940_2374887.jpg

傷を見るのがニガテな方もいますので、ハートで(笑)
どれみは眼球を摘出した所に詰め物(?)をして瞼を閉じました。
6針縫っています。
18日に抜糸をしたら手術をした所にも黒い毛が生え揃って平になるそうです。
今は傷口が痒いようです。
床に顔を擦りつけようとするの(涙)
とにかく手術そのものよりも麻酔が怖かったんです。
どれみ14歳ですから・・・
これからは、のんびりと、どれみの時間がおだやかに過ぎるといいと思っています。
[PR]
by majyorin1 | 2013-12-13 23:13 | ワンコ | Comments(2)

11月の出来事

c0048940_2159454.jpg

実家のリビングの隣は義母のお部屋になりました。
毎日訪問看護士さんが来て下さり、吸入や酸素濃度の計測、体を綺麗にして下さったり、とっても良くして頂きました。
3日は義姉のお誕生日でした。
義母の退院祝いを兼ねて実家で夕飯♪
c0048940_2232439.jpg
c0048940_2233781.jpg
c0048940_2235766.jpg

義母の体調の良い時はベッドを離れてリビングで一緒に過ごす事もありましたが・・・
義母の家での生活も10日で終了してしまいました。
夜、呼吸が苦しくなり、病院に戻ったのです。
c0048940_2262511.jpg

「今から病院に泊まりこみしていたら、家族のみんなが共倒れになります。今はその段階ではないので、夜は私達がお世話いたします」との看護士さんのお言葉に甘えて、病院に泊ることは少なくなりましたが。朝昼晩の食事介助には皆で交代で行っています。
22日は義母のお誕生日でした。
この日までは家で過ごして欲しかったけれど、病室でささやかに御祝い。
c0048940_22102866.jpg

薬の副作用で、食欲だけはあるんですよね~
大好きなケンタッキー
c0048940_2211181.jpg

ち・ちょっと待った~
入れ歯入ってませんから(^^;;
c0048940_2212877.jpg

病室で義姉達と合流して
c0048940_22124696.jpg

仲良く集合写真♪
お誕生日まで生きていてくれてありがとう。

なんだか・・・
義母のことばかりですが、私、適当に息抜きしておりますので、ご安心を。
バイトして、義母の病院行って~
お友達とランチもしっかりしていますのよ。
これがなければ、やってられませんわ(;^_^A アセアセ・・・
[PR]
by majyorin1 | 2013-12-13 22:17 | 日々の事 | Comments(0)

10月の出来事

と~ってもご無沙汰しております。
パソコンちゃんが先月から最悪の状態です。
ブルースクリーンが出るわ、読み込みが遅いわ、いつ壊れてもおかしくない状態なんです。
12年目ですから(;^_^A アセアセ・・・
義母の事もあり、新しいパソコンを買いに行く時間も、買ったとしても、落ち着いて設定るす時間もありません。
ちまちまとブログも下書きをしていたのですが、思うようにアップ出来ないので、めぐり日記になりますが、これから、10月と11月の出来事を綴ってまいります。
もう、パソコンはしばらく開けないと思いますが、iphoneで皆さんのブログにはお邪魔いたしますので、よろしくお願いいたします。



10月の中頃まで実家で過ごしていた義母ですが、体調が悪くなり入院致しました。
もう、酸素チューブが手放せません。
足の骨折も完治していなくて、一人ではトイレも行けないので、個室入院です。
夜になると不安になり、情緒不安定になるので、義姉と夫、私と交代で夜は病院に泊まりました。
“もう一度だけ、家に戻してあげたい。たとえ、1週間でも10日でも”家族全員の希望です。
この退院を私達は、とても簡単に考えていました。
酸素ボンベさえ借りれば退院できると思ったんです(;^_^A アセアセ・・・

家族の強い希望があるならば、少しでも元気なうちに1度退院できるようにと、先生との面談の時に看護士さんも助言してくれて、酸素を持っての一時退院が決まったのでした。

そうと決まったら一刻も手続きをしなくてはなりません。
その手続きと言うか、義母を家に連れて帰るにあたって、これほどまでに大変な事とは誰も予想していませんでしたよ。
酸素の機械を持って退院するとなると、毎日来てくれる看護士さん(訪問看護士)を見つけなくてはなりません。
これは毎日酸素濃度を測るのと、ばーちゃんの病状を先生に報告してもらう為です。

吸入器もレンタルして、酸素濃度を測るのもレンタルです。
自動リクライニングのベッドと床ずれ防止のマットもレンタルして、痰の吸引器もレンタル。全てのお迎え準備が整わないと義母を退院させられないのです。
そして、決まった10月30日の退院。
そんなこんなのバタバタな10月だったのでした。
[PR]
by majyorin1 | 2013-12-13 21:26 | 日々の事 | Comments(0)