日常の感じた事など自由気ままに書いてみたいと思います。


by majyorin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前に進まなきゃ!!

今日はどれみの初七日です。
どれみを火葬してから昨日まで毎日毎日、涙が止まりませんでした。
ぽっぷが旅立った時も、もちろん寂しいし、悲しかったけれど、今回はかなり重症でした(苦笑)
どれみは、私達夫婦が初めて家族として迎えた子ですから。。。
最期までできる限りの事をしたつもりだから、後悔はないんです。
ただただ悲しい。
寂しい。
もう一度抱きしめたい。
バイト中はなんとか涙をこらえていますが、家に居るとダメなんです。
いつも、どれみが寝ていたクッションにどれみが居ない。
食事の時に一つ多い食器。
どうして?
どれみは何処に行ったの?
c0048940_21405989.jpg

どれみの為にお友達からお花が届くたびに涙です。
c0048940_21422262.jpg

こんなにたくさんの涙を流したのに、どれみは夢に出てこないよ。。。
夢でいいから会いたいです。
昨日まで号泣する自分が怖くてパソコンに画像も取り込めませんでした。
どれみの写真を入れる写真立ても買ったけれど、まだ画像を選んでません。
c0048940_2145175.jpg

見かけによらずナイーブなこの方が変です。
そうだよね。
こんな私だと、どれみだって安心できないよね。
残されたおんぷとバンビの為にも前に進まなきゃ。
バイトがお休みだった昨日、思い切り窓を開けてお掃除して~
c0048940_21481919.jpg

頂いたお花も置ききれない程沢山だったので、どれみがいつも居た場所にテーブルを持って来て、今日からここがどれみのメモリアルコーナーです。
c0048940_21512126.jpg

どっちゃんのお散歩ハーネス。
これはこのままバンビちゃんが使ってくれます。
これ付けて、昨日も今日もお散歩行きました。
c0048940_21534444.jpg

昨日はぽっぷも月命日です。
なので、ぽっぷも一緒に。
2パピの好きなサツマイモやピーマン。それと鶏肉。
仲良く食べてね。
もう、ぽっぷと再会したのかな・・・
正直、ぽっぷとどれみって、あまり仲良くなかったんです??
どれみ、どうしてもぽっぷと仲良くできなかったら、帰って来てもいいから~(笑)
c0048940_2157287.jpg

どっちゃんと、ぽっぷに用意した野菜を私達も♪
グリル焼きにして頂きました。
さあ、今日で一区切り。
どれみ、うちの子でいてくれてありがとう。
私が居ないとどれみは生きていけないと思っていたけれど、依存していたのは私だったのかもね。
空から、おんぷとバンビちゃん、私達を見守っていてね。
[PR]
by majyorin1 | 2014-04-13 22:01 | ワンコ | Comments(0)

永遠の別れ

どれみとの最期のお別れの日。
私は、なんとなく予感がしていました。
だけど、この日は夫は泊り勤務、私はどうしてもバイトをお休みする事が出来なかったのです。
夫が仕事に出た後、姪っ子夫婦が、お留守番をしていてくれました。
私は前日から一睡もせず、早く家に戻りたい一心で通常より1時間早くバイトに行ったのです。
朝、私がお水の入った容器をどれみの口元に差し出すと、自分でお水を飲んでくれました。
鶏肉も3口程食べました。
どれみは、もっと食べたいけれど、呼吸が苦しくてそれ以上は無理の状態なんです。
酸素ハウスのい中で目を開けて私を見ていたどれみ…
「どっちゃん、お仕事に行ってくるね。おかあさん帰って来るまで、頑張っていてね」
そう言ってバイトに出かけました。
とにかく、何かあれば、姪っ子からメールか電話が来る事になっていたので、携帯を肌身離さず、常にチェックしながら、なんとか1時間早くバイト終了。
急いで戻るとどれみは私を見て立ち上がったのです。
「どれみ、自分で体勢変えながら、酸素ハウスの中で待ってたよ」と姪っ子。
もう、食べられる力はないけれど、酸素ハウスの中で自力で立ちあがり、床をホリホリして体勢変えて、お水も飲んでくれました。
姪っ子夫婦が帰った後も酸素ハウスの中にいるどれみが呼吸しているか何度も何度も確認しました。
夕方、夫から電話がありました。
「どれみ、どうだ?」って・・
その30分後・・・どれみを撫でると体が冷たいように思い、暖かい場所に移動してあげようと思った時に、どれみの口から、なんか変な音が聞こえました。
酸素ハウスからどれみを出して抱きかかえるとぐったりして、呼吸が止まってしまったのです。
背中トントンして「どれみ~」って呼ぶとピクンと反応します。
もしかして生き返るのではないかと、何度も何度も、どれみの名前をよびましたが、5回位は反応ありましたが、それっきり。
後でお友達に聞いた所、心臓が停止していても、耳は最期まで聞こえているそうです。
だから、私の声がどれみに聞こえたのでしょうか。
すぐに夫に電話して、お寺に火葬の予約を入れました。
翌日、私はバイトがお休みで、夫は非番ですが、その次の日は私も夫も仕事だったのです。
なので、翌日の火葬となりました。

どれみの体を綺麗にして、最期の処置をするのにわからない事があったので、クリニックの院長先生に電話をさせて頂きました。
「どれみちゃんって、強いし、頑張り屋さんの良い子だったよね。脾臓摘出の手術の時だって、しっかり麻酔から覚めたし、何より本来は1日入院するのに、高齢にもかかわらず、夕方麻酔から覚めて2時間後には退院して、夜のご飯もきっちり食べたって前代未聞です」と言われました。
c0048940_2193999.jpg

c0048940_21103039.jpg

綺麗にしたどれみを床に置いてあげると、おんぷとバンビが寄って来てお別れをしていました。
数日間の寝不足と涙で目がショボショボな私。
この日の夜は私の横にどれみが入ったベッドを置いて、バンビちゃんは私のお布団の中で。
おんぷはお布団の上で固まって寝る事に・・・
泣きながらどっちゃんの背中を撫でている間に寝てしまいました。


c0048940_21171636.jpg

翌朝。
前日に義姉が持って来てくれたお花と姪っ子がくれた、どれみの大好きなピーマン。
お寺に行く準備をしました。
c0048940_21191412.jpg

どれみにピーマン抱かせておいて、また私は涙…
c0048940_21201830.jpg

どれみの最期に、義姉夫婦も参列してくれました。
本当にどれみって幸せものです。
c0048940_21212819.jpg

本当に行ってしまうんだね。
c0048940_21221388.jpg

火葬直前です。
どれみのお気に入りの玩具と大好きなピーマンにサツマイモのおやつ。
可愛いお花に囲まれて、どれみは最高に綺麗でした。
c0048940_21242193.jpg

小さくなったどれみを本堂でお参りして帰宅しました。
c0048940_21255787.jpg

どっちゃん、お帰りなさい。
お疲れ様でした。
[PR]
by majyorin1 | 2014-04-13 21:26 | ワンコ | Comments(0)

ご報告

大好きなどれみ。
昨日の夕方5時50分に私の手の届かない場所に旅立ちました。
今日は午後1時半に火葬をして、最後のお別れです。
どれみを心配してくれた皆様に感謝いたします。
ひとまずご報告させていただきます。
ありがとうございました。
[PR]
by majyorin1 | 2014-04-07 09:28 | ワンコ | Comments(2)

消えそうな命の灯

先週は体調が良かったどれみです。
相手は悪性の癌ですから。

だけど、私はクリニックで先生に言われた、この言葉が頭から離れなかった…



c0048940_22235931.jpg
c0048940_22241210.jpg
c0048940_22242474.jpg

水曜日は私もバイトがお休みで、お天気の良い日中は、どれみも雪の残る庭でしっかり歩いていたんです。
木曜日の朝。
皆の朝食を用意している間、ドタっと音がしました。
慌てて様子を見に行くと、どれみがトイレの前で倒れて失禁してました。
急いでタオルでお尻を拭いて酸素ハウスに入れたんです。
少ししたら元気にワンワン吠えていたので、どれみのご飯を酸素ハウスの中に入れて他の子にご飯を食べさせていたら、どれみが酸素ハウスの中で倒れてました。
ご飯を食べたい気持ちはあるんですが、食べるだけの体力を使う事もしんどい…
とりあえず、酸素ハウスの中で様子を見て、歯茎の色も戻ってきたし、ワンワン吠える元気も取戻したので、私は30分遅刻してバイトに行ったのです。
この日は夫が非番で、朝帰って来る日だったので、夫が帰るまでの数時間のお留守番をしてもらいました。
バイトから戻って、どれみは元気だったけれど、今朝の事があったので、クリニックに行きました。
血液検査をして、点滴と呼吸がしやすくなる注射をしてもらい、一安心。
「今朝のように貧血になった場合、どうしたらいいのでしょう」
先生に聞いてみました。
「どれみちゃんに呼びかけて背中をトントンして目を覚まさせて下さい。そうしないと、そのまま…というレベルにまでなってますから」と…
c0048940_22403950.jpg

今までは時々酸素ハウスだった生活が、この日から時々ハウスの外の生活に変わりました。
昨日は夫が休みだったので、私は安心してバイトに出る事が出来ましたが、昨日までは食欲はあったんです。
ただ、食べられないだけ・・・
トイレにも歩いて行くし、お水も自分で飲みに行っていました。
だけど、その行動がかなり体力を消耗するらしく、呼吸が乱れます。
c0048940_2247341.jpg

この日の夜から私はどれみのハウスの横に、長座布団を敷いて寝ています。
c0048940_22481420.jpg

それでも、昨日は酸素ハウスの中で寝てばかりいた訳でもないんですよ。

今朝。
朝6時にハウスの扉を開けると、外に出ましたが、出た途端、ペタンと崩れてしまいました。
あわてて抱き上げると、私の手に温かいものが・・・
どれみ、トイレに行けなくなりました。
せっかく用意したレバーも食べないし、唯一、鶏肉が食べられます。
お昼近くに夫がどれみをハウスから出して抱き上げると、ぐったりして歯茎が紫色になっています。
急いでクリニックに駆け込みました。
今の段階では検査もどれみに負担がかかるのでしませんが、後はどれみの生命力だそうです。
ただ、先生の見る限りでは、舌の色も悪くないし、目に力があるので、今すぐって事が無いと思うって…
どれみの貧血と言うか、体調も波があるようで、クリニックに到着した時点では家に居た時よりも回復していました。
クリニックの酸素室に居ると、どれみが緊張して負担になるので、家の酸素ハウスで家族と過ごした方がどれみには良いと言う事で、点滴と呼吸が楽になる注射をして戻りました。
c0048940_2313594.jpg

おんぷちゃんも心配なの・・・?
c0048940_2321230.jpg

もう、立ち上がるのがやっとのどれみは、今日からオムツ生活です。
私…
どれみが心配で眠れません。
今日は徹夜かな。
小さい頃のどれみを思い出しては涙。
荒い呼吸で頑張ってる今の姿に涙。
どれみの苦しさ、私に半分分けてほしいです。
全部、私が受け止めたら、他の子のお世話ができないので、半分ね。
私の寿命の3年分、どれみにあげられたらいいのにな。
だけど、どれみは生きようと頑張ってくれています。
今日で手術をしてから1か月が経ちました。
癌のバカ!!
[PR]
by majyorin1 | 2014-04-05 23:09 | ワンコ | Comments(0)